備忘録小学校~1年3組~

日々にちょこっとプラスできたことシェアします。

【日川浜海水浴場】釣り日和で‘’キス”は天ぷらに、きれいな”イシモチ”を塩焼きに

9月28日に日川浜海水浴場の釣りに行きましたので、記しておこうと思います。

 

まず、読み方が「にっかわはま」になります。「にちかわはま」だと思っていました・・・。

<ロケーション>

茨城県神栖市:東関東自動車潮来ICから約30分。

・海水浴場のため駐車場あり

・トイレも駐車場にあり

・近場歩いて行けるコンビニなし。自販機もなし。事前に買い出しが必要。

・周辺には「日川浜オートキャンプ場」などの施設もあり。

鹿島灘にあたる太平洋側なので波は高め。

・ヘッドランドと呼ばれる立ち入り禁止の岬付近は離岸流が発生するため非常に危険。水難事故が多発しているので避ける。

 

このような「日川浜」は釣り人の他にもサーファーに人気で、朝から波乗りしている人を見ることができます。

また、日川浜のトレードマークは大きな風力発電の施設です。この風景はかなりいい雰囲気、朝でも夕方でもとってもいい感じです!

駐車場もかなり広め!

さて肝心の釣りですが、極めて広大なフィールドなのでポイント選びは難易度が高いです。

 

<ポイント>

・駐車場付近の堤防

テトラが敷き詰められた堤防があります。波をかぶるため滑りやすいので私は行ったことがありませんが、手練れそうな方が結構いる。

 

・駐車場付近の堤防の浜側のワンド

堤防があるため比較的波は穏やか、でもゴミも集まってきたりするため根掛かりが多い印象。水深も浅めで攻略が難しいかも。

釣果実績としてはシーバスやキスがありますが、変化に乏しいのでいまいちかなーと思います。

 

・流れ込み付近

風力発電施設側へ歩いていくと、いくつかの流れ込みのような場所を発見できます。ここは満潮時には海とつながると考えられるので、狙い目だと思うのですがいかんせん駐車場から距離があるため本気の人たちが行く場所かなと・・・

私も入ったことはないですが、ヒラメなどの釣果があるようです。

 

風力発電施設前付近

遠浅な砂浜ですが起伏に富んだ地形をしています。安定して水深がある様子で非常に狙いやすい。

こちらが今回のポイントなので詳しく書いていきます。

 

<釣行データ>

釣行時間:AM5:30~AM10:00

天気:曇りのち晴れ

気温:20度

風:ほぼ無風

 

満潮が6時頃だったので釣り始めはちょうど満潮時に重なります。

 

まずはペンシル系で攻めるも反応なし、ジグサビキに切り替えるも反応なし、バイブレーションジグヘッド(ソルトバイブ)も反応なし・・・

結論ルアー系は厳しい・・・ヒラメの反応がわからない。

 

ところが、キス釣り専門同行者Aが1投目からキス3連掛け、その後も入れ食い状態が続いていた!!これはもうルアーは諦める!

 

ジェット天秤仕掛けにキス針とジャリメへチェンジ。

 

切り替えてすぐ連続で4匹ゲット!浜からの距離は30~40mの近距離であった。正直初めからキス釣りタックルにしていたら3人で50匹くらいは釣れたのではないだろうか?

 

ちなみに同行者Aは20匹ほどの釣果。

 

これだけのキスがいたということは、フィッシュイーターはあまりいなかったのかもしれない。8時30過ぎくらいからは時合が終わったようだったが、粘り強く探っていると今度は50m付近で強いあたり!

 

正体はイシモチだった。同行者も同じくイシモチをゲット。結局イシモチも3人で5匹釣れ、サイズもまあまあだったし引きもよかった!

 

以前にも日川浜を訪れてはいたが、今回は最高の釣果をたたき出した形となる。

波が高いのであたりを取りづらくはあるが、十分手ごたえが得られる釣り場である。

そして、エサ釣りが楽しくできるのでおススメ。

ルアーでゲットするためには長距離を移動しながら探る根気が必要なのでなかなか厳しい・・・

 

前回の「阿字ヶ浦海水浴場」よりも釣果を上げられました。

kanaeji.hatenablog.com

 

もちろん帰宅後はおいしくいただきました!!

キスの天ぷらはもちろんおいしいのですが、イシモチってあまり食べないけど結構おいしいと思う。スーパーとかでは見かけないけど、釣れたらぜひ食べてみてほしいです。

 

さーあと一回くらいは今シーズン行きたいなー!!

 

ではでは。